スキル身につく+輝きプラス!

スポーツフード資格

アスリートの競技に合わせた メニュー提案ができます

スポーツフード資格は、アスリートのパフォーマンス向上のため、栄養管理に必要な専門知識をもち、指導・アドバイスができる人を認定する資格です。

アスリートは身体が資本であり、その身体を作るのは日々の食事です。

この記事では、栄養管理の面からサポートするスポーツフード資格について説明しています。

若い力を最大限発揮するために

スポーツフードとは、スポーツ選手などが日々のトレーニングと併せて摂取する栄養面に優れた食事メニューのことです。

また若いジュニア選手はまだ成長期半ばで、より一層の栄養サポートが必要です。

正しく食べてパフォーマンスもアップできる

スポーツを行うためには、運動、栄養、休養のバランスが大切で、コンディショニングの三要素と呼ばれています。

トップアスリートはもちろん、ジュニア期から成人の健康維持や増進に関わる土台となります。

そしてスポーツ栄養の基礎として最も重要なのは、栄養のバランスです。

  • 糖質
  • 脂質
  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

これらは、5大栄養素と呼ばれ、カラダをつくる素、カラダを動かすエネルギー、調子を整えるという役割を担っています。

アスリートに必要な栄養を理解し、バランスよく食べることにより、パフォーマンスのアップにつながるのです。

怪我をしにくい体作りのために

怪我をしにくい体作りもアスリートにとって重要であり、スポーツフード資格は栄養面からサポートします。

もし怪我をしてしまった、あるいは怪我の予防をしたいのであれば、一度に蓄えられる量には限界があるので、毎食しっかりと摂ることが大切です。

栄養素働き不足すると
糖質運動・脳のエネルギー源 疲労回復運動能力・集中力の低下 
ビタミン Cじん帯・腱・骨など強化 鉄分の吸収を助けるケガの治りが遅い
ミネラル心臓機能や筋肉の働きを調節 体液を一定に保つだるさ神経の興奮
水分体温調節血液の流れをよくする熱疲労熱けいれん

バランスの取れた食事は当然ですが、栄養素の働きを知ることにより、さらにアスリートに寄り添ったメニューを提供できるようなります。

ダイエットやシェイプアップにもおすすめ

ダイエットやシェイプアップにもおすすめ

現代人の食事は栄養バランスに偏りがあり、食べ過ぎや運動不足などにより太る人も多いでしょう。

ダイエットといえば、一般の人は食べないことを意識します。しかし、それこそが間違いで栄養不足になりかねません。

【間違った知識】

炭水化物を抜く
炭水化物はエネルギーの源で、身体にとって欠かすことができません。
砂糖をとらない
甘いお菓子を控えるのは良いでしょう。しかしダイエット飲料に使用される人工甘味料の中には、食欲を刺激し、体重を増加させやすいものもあります。
肉は太るので魚を食べる
魚は脂肪分の少ないタンパク質源であるが、全ての魚がダイエットに向いているわけではないので、適切に選ぶことが必要です。

また極端な食事制限は、ビタミン・ミネラルが不足し、摂取したものを代謝しづらくなります。

  • 糖質の代謝→ビタミンB1
  • 脂質の代謝にはビタミンB2
  • たんぱく質の合成→ビタミンB6

このようにビタミンB群は重要な役割をはたしており、これらが不足すると、代謝が落ちて脂肪が落ちづらくなるのです。

スポーツフード資格では、アスリートの栄養管理だけでなく、一般的な食の専門知識も学べるようになっています。

ダイエットやシェイプアップにはどんな食事が向いているのかについてのアドバイスもできるようになるでしょう。

スポーツフード資格としては、次の2つの資格がおすすめです。それぞれの資格の特徴について説明します。

スポーツフードマイスター資格

スポーツフードマイスター資格は、スポーツ栄養の基本をしっかり学びます。

  • 栄養素の働き
  • 筋肉、脳を動かすエネルギー源
  • 体の機能を正常に保つビタミン
  • スポーツ選手に不可欠な水
  • ジュニア・高校生・大学生・スポーツ選手のための栄養と食事
  • バランスの取れた献立
  • 主食・副菜・汁物・スープ・乳製品・ドリンクのレシピ

毎日の献立・レシピなど、実践レベルまで身につけ、日の献立・レシピなど実践レベルまで身につけます。

スポーツフードマイスター資格は、運動量・競技特性・性別・年齢等に応じた食事や競技の目的に合わせ、体を強くするための食事、試合に向けてコンディションを整えるための食事を管理・指導できるようになるのです。

アスリート栄養食インストラクター資格

アスリート栄養食インストラクター資格は、スポーツ選手それぞれに合わせた適切な食事メニューが提案できるよう学びます。

  • スポーツ選手に必要な栄養素
  • 競技特性に合わせた食事の考え方
  • 持久力アップのための栄養と食事
  • 球技系スポーツのための栄養と食事
  • 疲労回復のための栄養と食事
  • 風邪予防のための栄養と食事
  • 夏バテ予防のための栄養と食事

このような実践的なスキルを習得し、自分自身や家族の健康状態に応じた食事やメニューを提案出来るようになります。

スポーツをしているジュニア期には、より有効的に知識を活かせるようになるでしょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です