スキル身につく+輝きプラス!

タロット資格

タロットカードの意味を 覚えていることがプロの タロット士の条件です!

タロット資格では、タロットカード士資格とスピリチュアルタロット士資格の2つを習得できます。

タロットカードに関する技術や知識を有しており、実際の占いや鑑定にも生かせるという証明になります。

奥深いタロットカードの歴史や文化に触れ、その後の人生を有意義なものにしてくれるでしょう。

タロット資格で学べること

この資格で学び、取得できるのは以下の2つの資格です。それぞれ学習できる内容を紹介します。

タロットカード士資格

タロットカード士資格では、以下の習得を目指します。

  • タロットカードの大小アルカナ
  • タロットカード占いの方法
  • カードの意味の伝え方

タロットカード士資格では、まずは基本のタロットカードのアルカナをじっくり学び、そのカードの意味、裏や表の出方の違いによる意味の変化なども身につけます

カードの展開方法や相談者にタロットカードの意味を伝える工夫なども学び、実践的にタロットカードができる基礎力を身につけます。

スピリチュアルタロット士資格

スピリチュアルタロット士資格では、以下の習得を目指します。

  • より深刻な悩みにも寄り添う方法
  • 相手の心に寄り添った占い鑑定
  • 前世や霊的なものへの理解

タロットカードの持つ神秘性や、相談者の生年月日、姓名などと照らし合わせて、相談者の深い悩みにも寄り添うことを目標とします。

相手の心に寄り添うことになるため、占いだけではなくカウンセリングやスピリチュアルな接し方ができるように学ぶこととなります。

既にタロットカードの占い師をしている方でも、精神世界に触れて相手を占う点は他と違うため、資格講座などを通して学びながら、経験を積む必要があります。

タロットカードとは

タロットカードのイメージ

タロットカードは元々、現代のトレーディングカードゲームのようなものだったと言われていますが、だんだんそこに意味を持たせるようになってきたのが現代のタロットカード占いです。

起源に学ぶタロットカード

タロットカードの最古の歴史は1392年の「シャルル6世のタロット」だとされていますが、明確な起源は分かっていません。

600年以上前の時代にはタロットカードの礎があり、その頃から少しずつ伝えられて発展してきたものです。

タロットカードに似ているカードとして、オラクルカードと言われるものがありますが、その活用方法や意味合いが少し異なっていると言われています。

タロットカードで占えること

タロットカードの示してくれる意味を元にするため、人生、恋愛、仕事、旅行など何でも鑑定できます

相談者の悩みに応じて引かれたカードから意味を読み解いて、偶然か、必然が示したカードの意味から相談者にアドバイスを送ります。

タロットカードの大アルカナ22枚を選んでもらうだけでもよいのですが、小アルカナの持つ意味、カードの上下反転なども合わせて鑑定することで、詳細まで占えるようになります。

カードは暗記しないと仕事にできない

タロットカード占いも他の占い同様、基本は全て暗記する必要があります。

78枚のカードを覚える必要がある

タロットカードには78枚のカードが存在しており、それぞれ大アルカナと小アルカナに分けられます。

これらのカードにはそれぞれ意味があり、展開方法と引き方によって示される意味も変わってきます。

タロットカード占い師はこの意味も読み解き、相談者の分かるように伝える必要があります。

鑑定中はいちいち解説書などを見られないので、仕事として占いをする場合は、カードの意味を暗記していないといけません。

大アルカナ22枚・小アルカナ56枚

タロットカードは大きく分けて22種類(0愚者Ⅰ魔術師Ⅱ女教皇Ⅲ女帝Ⅳ皇帝Ⅴ教皇Ⅵ恋人Ⅶ戦車Ⅷ正義Ⅸ隠者Ⅹ運命の輪Ⅺ力Ⅻ吊された男ⅩⅢ死神ⅩⅣ節制ⅩⅤ悪魔ⅩⅥ塔ⅩⅦ星ⅩⅧ月ⅩⅨ太陽ⅩⅩ審判ⅩⅩⅠ世界)あります。

小アルカナはワンド・ソード・カップ・コインに分けられて56枚存在します。

小アルカナはトランプにも似ており、13種類のカードが4種類に分類されているようなものです。

分かりやすく結果を伝えるスキルが重要

タロットカード占いを学んでいくと、相手に分かりやすく伝える技術が向上します。

この技術は若いうちに習得することによって、その後の進路や進学にも大きく影響します。

若い感性でタロットカードを読み解く

柔軟な発想ができる若者と、長年タロットカードに触れてきた玄人では、感性の鮮度が違います。

玄人の鑑定は、それはそれで熟成されていて、精度も高いのですが、若者の柔軟かつ新鮮な感性から得られる答えも、貴重なものです。

大学生のうちからタロットカードに触れていると、将来はかなり早い段階で占い師としての仕事も始められるでしょう。

人生熟していくにつれてタロットの見え方も変わる

大学生のうちにタロットカードの知識があると、その後の人生全てにおいてその知識が生かされ、熟成されていきます。

タロットカードについて学んでいなければ、この知識や感性が深まることはないのですが、若いうちに自己投資して身につけておくだけで、大きなアドバンテージになります。

経験をしっかり積んでいくために、今、若いうちにタロットカードを学んでおく必要があります。

将来、タロットカードや占いの仕事もしてみたい方は、早めに知識を身につけておきましょう。

自分で行うタロット占いによって、困ったときでも頼れる人生の道標を得られる

人生を豊かに彩れる魅惑のツール、タロットカードを使いこなせるようになる

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です