スキル身につく+輝きプラス!

トレーニングサポーター資格

食事法やダイエットなどトレーニング に関わる分野の知識も身に付きます

トレーニングサポーター資格は、筋肉トレーニングに関する知識やトレーニングに適した食事やプロテインの取り方の知識などが認められる資格です。

トレーニングジムで働く人を中心にスポーツを趣味とする人や日々の健康管理のために資格取得を目指す人がいます。

今回はそんなトレーニングサポーター資格について紹介していきます。

トレーニングサポーター資格が役立つ分野・将来の仕事

トレーニングサポーター資格では主に以下の仕事に役立ちます。

  • ジムのインストラクター、トレーナー
  • スポーツ選手や学生に向けたスポーツトレーナー
  • スポーツ専門店、トレーニング器具店
  • 個人のスポーツサポーター

トレーニングに関する基礎知識は、本格的にスポーツで活躍を目指す人から軽く鍛えたい人まで様々な人の指導に仕えます

また、人に教えられることは、自分でも実践するコツをわかっているので、自らも鍛えながら健康的に生活していけます。

それでは、次の項目でもう少し掘り下げてトレーニングサポーター資格が役立つ場面を見ていきましょう。

ジムのバイトをもっと本気で頑張るために

近年のトレーニング需要の高まりからジムを利用する人は増えており、それに伴って大学生を中心にジムのバイトとして採用されることも増えています。

そんなジムのバイトをしつつ、トレーニングサポーター資格でより本格的な知識を身に付ければ、自分にもお客さんにもメリットがあります。

ジムでの活動をより良い環境に

ジムのバイトでは受付や清掃活動といった雑務をする人もいますが、中にはインストラクターの補助としてお客さんに関わる人もいます。

その中で主にしていくのはトレーニング器具の使い方や補助の役割、簡単なストレッチ法といった項目です。

そして、これらの項目は全てトレーニングサポーター資格の基本的な知識を生かせるものになります。

もちろん、ジム側からも器具やストレッチの指導はされると思いますが、トレーニングサポーター資格を取得すれば、受け答えの際により正確な情報を伝えられます。

また、ジム側も資格を持っていることがわかれば、幅広く業務を任せやすくなります。

正式な社員の採用や自分でジムを経営することを目標とする人にとっては、ジムでの活動に本気を出すことは将来的にとても有意義なものです。

そうでない人も自分がお世話になっているジムで、自分のための知識として身に付けながらお客さんにもアウトプットできれば、ジム全体の良い環境作りに繋がります。

トレーニングサポーター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

トレーニングサポーター資格は他者にトレーニングの指導を行えるのはもちろんですが、自分の健康管理に関しても生かせる資格です。

特に若いうちに資格を取得しておけば、正しい身体づくりができるので、将来的にも健康な身体を維持できます

トレーニングを継続する人こそ食事やプロテインを

トレーニングを継続する人こそ食事やプロテインを

トレーニングサポーター資格を取得する人は少なからずトレーニングに興味があり、日常的にトレーニングしている人も多いと思います。

しかし、トレーニングに合わせた食事や栄養補給まではネット上の情報だけでは判断がつけづらいものです。

ただ、日常的にトレーニングを継続する人こそ普段の食事やプロテインを活用すれば、トレーニングに成果をより良くできます。

プロテインは筋肉を構成するために必要なタンパク質が多く含まれており、トレーニングで疲労させた筋肉を回復され、筋肉量を増加させる効果があります。

また、プロテインにも種類があり、筋肉量を増やし過ぎたくない人は回復のためのプロテインを選ぶなど使い分けられます

食事に関してもトレーニングの前後で取るべき栄養素は異なっており、正しい食事をすることで筋肉だけでなく、効果的な栄養摂取が行えます。

トレーニングに関連した項目の勉強

トレーニングサポーター資格では、上記のようなトレーニング前後の食事法やトレーニング目的に合わせたプロテインの種類と取り方も勉強できます。

筋肉は年を取ると減少していくので、若い時から積極的に筋肉をつける生活をしておくと、老後に動けなくなることを防げる可能性があります。

そういった面で若いうちに筋肉への自己投資しておくことが大切と言えるのです。

個人のスポーツサポーターも目指せるかも

トレーニングサポーター資格はジムに関連した仕事に生かせますが、その他にも個人のスポーツサポーター、インストラクターも目指せるものです。

個人指導のスポーツサポーターに

近年ではマンションの一室を借りてパーソナルジムを開く人も増えており、複数人に教えるのではなく、マンツーマン指導でトレーニングを教えています。

女性専用のパーソナルジムも需要があるため、女性でスポーツサポーターを目指す人は、専用にするかどうかも検討して良いかもしれません。

また、トレーニング器具を含めた部屋を貸し出すサービスもあるので、部屋を自前で用意できない人は、そこを教室として利用すればスポーツサポーターをやっていけます。

トレーニングサポーター資格は、食事法やダイエットといったトレーニングに関わる分野の知識が身に付くので、個人で仕事を始める際も目的に合わせた教室が開けます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です