スキル身につく+輝きプラス!

体幹コーディネーター資格

正しく効果的に体幹を維持 できるようになる資格です

姿勢が与える身体への影響を知り、姿勢を正しくするアドバイスが与えられる人が取得できる資格が体幹コーディネーター資格です。体幹コーディネーターの資格を持っていると、悪い姿勢による不調を訴えている人や、運動音痴に悩んでいる人に姿勢を正すアドバイスを与えられます。

体幹を鍛え、運動スキルをの向上につながるので、ジムインストラクターやフィットネス教室での活躍が期待できます。

この記事では体幹コーディネーター資格を取得した後の分野。仕事についてわかるようになっています。

体幹コーディネーター資格が役立つ分野・将来の仕事

体幹コーディネーターはまだまだ新しい考えです。体幹の考えはこれからもっと浸透し、多方面での活躍が期待できます

体幹コーディネーター資格が役立つ分野は、運動指導・健康指導に関わる分野です。

仕事としては、ジムインストラクター・フィットネス講師があります。

ジムインストラクターでは、ジムに通っている人に、トレーニング指導と合わせて姿勢の指導ができます。

さらにこれからの仕事として、サッカーや野球のクラブチームの体幹トレーナーも考えられます。

スポーツ界では、体幹を鍛える重要性が浸透し、一流プレイヤーは皆体幹トレーナーの指導を受けています。

これが日本にも浸透することによって、一つのクラブチームに1人の体幹コーディネーターが当たり前になる未来も容易に想像できます。

バランス感覚を身につけて運動スキルをあげる

サッカーや野球の世界で体幹が注目されている理由は、体幹を鍛えると、総合的な運動スキルが向上するからです。

体幹は、姿勢の矯正から始まります。姿勢が歪んでいると、身体のバランスが乱れてしまうため、運動時にも身体の動きが芯のない動きになります。

一流のサッカー選手は、ドリブルをするときにまるで普通に走っているようにドリブルをします。

それは、体幹がしっかりと鍛えられているため、左右にブレることなく、常にバランスよく走れるからです。

プロ野球選手でも一流の選手は、バッティング時に軸がぶれることなく、まるで大木が回転するような力強いバッティングをします。

こういった体幹を鍛えて得られる運動スキルは、ますます重要視されているため、体幹コーディネーターのスポーツ分野での活躍も大いに期待できます。

体幹コーディネーター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

体幹コーディネーター資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

体幹コーディネーターの資格はスポーツだけでなく、健康維持のためにも役立ちます。

そもそも体幹コーディネートは姿勢の矯正から始まっているのです。

体調がすぐれない人は、その不調が、姿勢の悪さから来ている場合があり、そうした人に対して姿勢矯正を行うと、不調がみるみる治っていく、ということもあります。

姿勢のアドバイスはあらゆる人に対して行えるため、指導できる年齢層がとても広くなっています。

たくさんの人が自分のアドバイスで良くなっていく姿には、本当にやりがいを感じるでしょう。

体幹コーディネーター資格を学ぶ意味は、若いうちの自己投資です。

若いうちはどうしてもやりたいことばかりに目を向けてしまいます。しかし、若いうちからたくさんのスキルを身に着けておくと、仕事一つ一つのクオリティが各段に代わります。

ジムにおいても、インストラクターとして指導・体幹コーディネーターとして指導の両方できるようになると、インストラクターとしての質が高くなり・その人の指導を受けたい!というリピーターも増えるはずです。

若さは武器です。若いということはまだまだ未熟ですが、どんどん新しいことを吸収できるときでもあります。

若いうちから自己投資し、無駄に過ごしてしまう時間を新たな知識・技能の習得に生かすのは本当に効率的です。

体幹コーディネーターはやりがいのある仕事も多いので、ぜひ若いからこそ取得を志してみましょう。

運動音痴を少しでも改善できるかも

運動が苦手、という人は、体幹コーディネーターの資格取得において運動音痴を少し改善できるかもしれません。

体幹コーディネーターは姿勢に関わる知識を多く持っています。姿勢があまりに悪いとそれがそのまま運動音痴の原因になります

運動音痴はバランスの取り方がへたくそ、というのが主な理由です。

姿勢が歪んでおり、バランスを取るのが苦手という子どもは、どんな運動をするにおいても身体のバランスが保てず、うまくできなくなります。

しかし体幹を鍛えると、ちょっとしたバランスの悪さも、自分の力ですぐに修正できます。

もし自分が運動音痴の状態から、体幹コーディネーター取得するまでの期間に運動音痴が改善できると、とても良い宣伝となります。

インストラクターが実際に運動音痴から姿勢書道の状態まで成長していると、親は、自分の息子も運動音痴治るのでは?という期待を抱いてくれます。

こうした期待はお客さんの増加につながるので見逃さないでおきましょう。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です