スキル身につく+輝きプラス!

西洋占星術資格

生まれたときの星の位置 それが色々な秘密を 握っているのです!

西洋占星術資格には西洋占星術士資格とホロスコープ鑑定士資格の2つの資格があります。ホロスコープを利用できて、個人の本質を導き、生まれた時に与えられた運命を知って、その導きに沿って生きられるようアドバイスできるスキルがあると証明されます。

ホロスコープのチャートなどを使えるようになると、個人の性格・本質・得意不得意なども事前に把握できるでしょう。

西洋占星術資格で学べること

この資格で学び、取得できるのは以下の2つの資格です。それぞれ学習できる内容を紹介します。

西洋占星術士資格

西洋占星術士資格では、以下の習得を目指します。

  • 西洋占星術の黄道十二宮
  • 星から個人の本質を導く
  • 本質を比較して相性を見る

西洋占星術(ホロスコープ)を通して、その人の本質を見抜くのが主な目的で、その判定に必要な基本と、考え方の習得を目指します。

惑星、十二宮、十二室、角度の4つをメインに考えて、その人の本質、運命を見ていきます。 生まれた瞬間に与えられる星の下、どんな人生を歩むことになるかが示されます。

ホロスコープ鑑定士資格

ホロスコープ鑑定士資格では、以下の習得を目指します。

  • ホロスコープチャートの作成
  • 十二宮や十二室の知識
  • 個人の本質を導き出す

西洋占星術で難易度の高いホロスコープのチャートを書き出せるようになることも目標とし、惑星、十二宮、十二室、角度(惑星、サイン、ハウス、アスペクト)を特定して図にできるよう練習を重ねます。 惑星は月・水星・金星・太陽・火星・木星・土星・天王星・海王星・冥王星の10種類、星座はよくある星座占いの12星座(みずがめ座、うお座、おひつじ座、おうし座、ふたご座、かに座、しし座、おとめ座、てんびん座、さそり座、いて座、やぎ座)が用いられます。

ホロスコープとは

ホロスコープと星

西洋占星術(ホロスコープ)は、その人が生まれた瞬間の天体・星の位置から、その人の運命や本質を導き出す占いです。

アラブ・西洋の星占い

西洋占星術はアラビア諸国や西洋・ヨーロッパの周辺でよく用いられた星占いが起源で、その人の生まれた生年月日から、惑星、星座、十二室(ハウス)、角度(アスペクト)を決めていき、本質を見抜いていきます。

西洋の発展に伴って、天文学も数学も発展し、それらとともに言い伝えられてきたのがホロスコープです。

世界史とも関係が深い占星術

西洋占星術は西洋の発展の歴史と共に時代の中で、発展、成長、伝達されてきました。 あまり高校などでは学ばないのですが、世界史にも関連が深く、現代史を理解するきっかけにもなるでしょう。

本質から自分にあった暮らしが見えてくる

生まれた瞬間に与えられた運命や本質を理解していると、その星の下で生きるのに適した生き方や考え方を見つけられます。

自分に合わない生き方をやめて、適した考え方・行動を選ぶだけで、人生はスムーズに進むようになるでしょう。

自分探しの一つとして参考にできる

ホロスコープでは、惑星ごとに性質が定義され、十二宮(サイン)は性格、十二室(ハウス)は活動分野、角度(アスペクト)は互いの相性や関連性を意味します。

これらの情報とホロスコープチャートの結果から、自分の特徴や性格が導けて、本当の自分を見つけられます。

20代の若者のように、まだ自分が何者なのか明確に定義づけできていない時には、こうしたホロスコープの鑑定結果が自分発見に役立つでしょう。

生き方や生活スタイルを発見できるかも

ホロスコープの鑑定結果から、自分にぴったりの生活スタイルを見つけられたら、無駄に疲労やストレスを抱えずに生きられるようになります。

苦手なことに無理に向かう必要はなく、最低限のストレスや刺激で成功できると、それが一番です。 20代のうちに自分らしい生き方を見つけられると、その後の人生の選択で大きな失敗をせずに済むでしょう

相談者や自身の悩みの本質にも寄り添うように

相談者や相手の本質を理解することによって、自分と相手、相手と第三者の関係性も最適化できていきます。

どんな付き合いをすると関係が崩れるか、何をしたら2人の関係が深くなるかを分析できるようになります。

生まれながらの性格や、変えられない本質を見るので、お互いの人間関係はさらに良くなるはずです。

友だちや後輩の悩み相談もできるように

自身でホロスコープを扱えると、自分自身だけでなく、友人、後輩のホロスコープチャートも分析して、悩み相談や相性診断も可能になります。

チャート自体はインターネットでも作れるサービスがありますが、生年月日、生まれた正確な時間、生まれた場所の詳細は経度と緯度が分かるよう準備してもらうことの方が大切です。

その人の本質や運命が見えれば最適なアドバイスができる

20代のうちにホロスコープの概念を学び、知識を身につけて鑑定までできるようにすることで教養も深まり、物事への視野も広がります。

世界を広げるのに役立つのが西洋占星術(ホロスコープ)なので、余裕のあるうちに資格取得とともに鑑定も身につけましょう。

ホロスコープを作成し、それに基づいて自分の運命や性格や本質などを導き出せます。 ↓

ホロスコープを的確に分析し、問題解決への方法を導き出せるようになります。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です