スキル身につく+輝きプラス!

二十七宿鑑定士資格

日本人の鑑定には 東洋の叡智を使ったほうが しっくりくるんです!!

二十七宿鑑定士資格は、二十七宿を駆使した占いスキルが証明され、主に占いの鑑定や相談の実務をこなせることの証明として利用できます。カルチャースクールや生涯学習講座での講師の仕事でも肩書きとして紹介できるものです。

20代のうちに取得しておけば、将来的に二十七宿鑑定士のスキルを仕事にもプライベートにも、プロとして活用できます。

二十七宿鑑定士資格が求められている理由

世間ではホロスコープや星座占い、タロットカード占いが人気ですが、実際そうした西洋の占いだけではアジア人、日本人の占い鑑定には精度が不十分です。

東洋には東洋の占いを合わせることで精度も上がり、正確な本質鑑定ができます。

そのため、二十七宿鑑定士のような資格は重要なのです。

仕事やプライベートの人間関係の分析に

日本人にも適した二十七宿鑑定では、その人の本質を大きく4つ、7つ、27種類に分けた上で、さらに陰陽の2つ、五行の属性などで5つ、他にもそれらに関連する風水や九星気学の概念から八卦、六十四卦や九星にも分けられます。

そうした細かな分類の中から相性の良い人かどうか鑑定できる上に、付き合い方なども占い師から提案できるようになります

人間関係の改善を目的にしている場合には宿曜占星術は大いに役立ちます。

これから会う人との関係を事前に把握できる

生年月日や氏名は分かっているけれど、まだ直接は会っていないという事例はビジネスシーンや婚活などではよくあることです。

事前に宿曜占星術などから相手との相性を分析できていれば、対応の仕方も事前に分かって、失敗も減らせるでしょう。 相手と良い関係を築きたい場合には相手の個性や本質を知るのが大切です。

二十七宿を割り出せるようになる

密教の神社イメージ

資格講座を通して学べば誰でもできるようになりますが、相談者の二十七宿をすぐに判断できるようになります。

これにより鑑定速度が大幅に上がり、瞬時に相手の本質や運命を導き出せます。相手の特徴、自分の特徴をより多くの視点で見られるのは教養として価値があります

もちろん占い・鑑定でもそのスキルが十分に生かされます。

二十七宿と十二宮から性質と相性を特定

宿曜占星術では、主に二十七宿と十二宮という属性で占いを行いますが、あなた自身と占いたい相手の両方を鑑定することになるため、少し時間と手間がかかります。

相性がどれほどよくて、何に気をつければ関係を維持しやすいか、また、思い通りの関係になれるかを導き出すのは非常に難しいです。 プロの占い師にもなればそうした判断も即座にできるため、可能であれば自身で身につけてしまって即座に判定できるようにすると人間関係において最強になれます。

相手に合わせたアプローチ方法や苦手が分かる

お互いの本質・性格が分かれば、新たに人間関係を構築する時に、適切なアプローチ方法、相手の苦手なこと、自分が苦手なことが分かります

第一印象を会う前から決めつけるのは良くないですが、だいたいの準備、予測ができていれば少しでも優位にたった状態で話ができます。 いきなり相手に嫌われるような事態を避けられる上に、相手の好みに合わせられれば商談でもお見合いでも少しはうまくいく可能性があります。

他の占いと合わせると良し

二十七宿単体だけでは占い精度を高められませんが、ホロスコープや数秘術、風水、九星気学と合わせることで、その人の持つ属性や個性・本質・運命を多方面から判定できます。

相談者も一つの結果しか教えてくれない占い師より、多方面から鑑定結果を見てくれる占い師を頼るのは当然です。

若くして視野を広げられる教養・知識

宿曜占星術、二十七宿の概念は、若い人にとっては新しい知識なはずです。義務教育では学ばず、社会人になってもあまり学ぶことのない世界です。

しかし、人間関係を深めようとする時には必要な人間分析や相性診断が可能なため、習得しておくと将来どこかで役立つときが来るでしょう。

基本が占いではありますが、オフィスデザインや人事、その他の人間関係などでも密かに生かせるはずです。

人間関係の改善や向上に役立てられる

なかなか思い通りにならず、すれ違いや意思疎通のズレがあると感じる場合には、宿曜占星術などの概念で双方の関係を見直せます。

人間関係を少しでも向上させるのに必要な情報が分かりますので、自分で鑑定できるようにすると確実です。 相手の生年月日を赤の他人の占い師に話すのが守秘義務やコンプライアンス上不可能な場合は、自身で鑑定するしかありません。

カルチャースクールで指導できる資格

総合的な占い鑑定ができれば、カルチャースクール・生涯学習の講師としても活動できます。

占いに関する情報が体系的にまとまっていれば、20代という若いうちからでもYouTubeやブログなどを通して仕事を見つけられるでしょう。

ここで紹介しているような資格を取得していれば自己紹介や名刺交換の時にもその肩書きを生かせます。

一度学べば一生使える占いスキル

二十七宿鑑定は、古来伝えられてきているその人の本質を見る方法で、一度学んでしまえば変わることもなく、一生その知識を使えます。

人を指導する立場になる人や、接客業、カウンセラー、親になる予定の人も学んでおくといろいろな人間関係の悩みを事前に減らせて、しかも、生徒や関係者の悩みも解決できるかもしれません。

将来生涯学習の講師として副業もできるかも

あくまで占いの一つですが、人生のヒントのひとつになり、それが時にアドバイスとして人の悩みを軽減してくれます。

20代の若者のように悩みが特に多い時期に習得しておけば、自分自身で悩みの根本を理解して解決できます。 占いに興味がある方は二十七宿鑑定を身につけておいて損はありません。いずれは占い師として転身したりなど、生涯学習講座の講師として生計を立てられます。

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です