スキル身につく+輝きプラス!

宿曜占星術資格

本質を理解、それを わかりやすく相談者に 伝える技術が習得出来ます!

宿曜占星術資格には、宿曜占星術アドバイザー資格と二十七宿鑑定士資格の2つがあります。それぞれ、宿曜の基礎となる二十七宿や十二宮など月をベースとした占いを行うものです。

20代、新社会人など若者でも一度身につけると一生使えるスキルで、教養や人間性の底上げにもなります。

将来占いの仕事をしたい方は早めに習得すると良いでしょう。

宿曜占星術資格で学べること

この資格で学び、取得できるのは以下の2つの資格です。それぞれ学習できる内容を紹介します。

宿曜占星術アドバイザー資格

宿曜占星術アドバイザー資格では、以下の習得を目指します。

  • 二十七宿の理解と知識・応用
  • 十二宮の理解と知識・応用
  • 鑑定結果の導き方と伝え方

月のリズムや暦をベースに占っていく宿曜占星術では、二十七宿と十二宮を理解して暗記し、占いに生かす所から始まります

人それぞれの本質をみられるようになった所で、鑑定結果を一般の方にも分かるように伝えるスキルが求められます。 表現力や語彙力の他、図表などを用いて伝えるスキルも必要です。よく分からない漢字の組み合わせだけ示されても理解できないので、そこに含まれている意味をしっかり伝えるのが大切です。

二十七宿鑑定士資格

二十七宿鑑定士資格では、以下の習得を目指します。

  • 二十七宿を用いた本質鑑定
  • 鑑定結果から分かる本質や相性
  • 鑑定結果を相談者に伝える方法

主に宿曜占星術から得られた結果を分かりやすく伝えるためのスキルが証明される資格です。

その人の本質だけでなく、相性や得意不得意なども知ることで、人との付き合い方や距離の取り方さえ分かるようになります。 あくまで占いからの提案なので、アドバイスやヒントの渡し方にも注意が必要で、相談者に不利・不幸がないよう注意して伝える必要があります。

二十七宿と十二宮とは

密教のイメージ

宿曜(しゅくよう|すくよう)では、2種類の属性からその人の本質や性格を割り出します。一つは二十七宿、もう一つは十二宮と呼び、それぞれ星・天体・月に関係があります。

二十七宿とは

二十七宿は、

  1. 畢宿(長育宿)
  2. 觜宿(鹿首宿)
  3. 参宿(生眚宿)
  4. 井宿(増財宿)
  5. 鬼宿(熾盛宿)
  6. 柳宿(不観宿)
  7. 星宿(土地宿)
  8. 張宿(前徳宿)
  9. 翼宿(北徳宿)
  10. 軫宿(象宿)
  11. 角宿(彩画宿)
  12. 亢宿(善元宿)
  13. 氐宿(善格宿)
  14. 房宿(悦可宿)
  15. 心宿(尊長宿)
  16. 尾宿(根元宿)
  17. 箕宿(前魚宿)
  18. 斗宿(北魚宿)
  19. 女宿(沙栴宿・耳聡宿)
  20. 虚宿(貪財宿)
  21. 危宿(百毒宿)
  22. 室宿(前賢迹宿)
  23. 壁宿(北賢迹宿)
  24. 奎宿(流灌宿)
  25. 婁宿(馬師宿)
  26. 胃宿(長息宿)
  27. 昴宿(名称宿)

の27種類の事をさします。

それぞれに意味があり、割り当てられた宿によって特徴や本質が分かれます。

十二宮とは

十二宮は、太陽と月6個ずつに分けられたもので、二十七宿を大きく分類するものです。

  1. 獅子宮(星宿・張宿・翼宿)
  2. 女宮(翼宿・軫宿・角宿)
  3. 秤宮(角宿・亢宿・底宿)
  4. 蝎宮(底宿・房宿・心宿)
  5. 弓宮(尾宿・箕宿・斗宿)
  6. 磨羯宮(斗宿・女宿・虚宿)
  7. 瓶宮(虚宿・危宿・室宿)
  8. 魚宮(室宿・壁宿・奎宿)
  9. 羊宮(昴宿・婁宿・胃宿)
  10. 牛宮(昴宿・畢宿・觜宿)
  11. 夫妻宮(觜宿・参宿・井宿)
  12. 蟹宮(井宿・鬼宿・柳宿)

と分けられます。 これらの宮にも細かく意味や属性が決められており、こうした宿と宮をあわせてその人の本質を決定します。

月をベースにした占術

日本の旧暦は月の動きをベースにしたものでしたが、現代は太陽暦が主に用いられています。

宿曜では旧暦、月の周期をメインで扱っており、特に女性にとっては関係が深い場合があります

月の周期(旧暦)で人を見る

月の周期でその人の本質を見るため、夜の時間帯に仕事をする人や、夜型人間、月のリズムと関係が深い女性一般に、宿曜占星術を当てると相性が良い場合が多いです。

生まれつき朝よりも夜のほうが、生活があっている人種もいるので、生活スタイルからヒアリングして占いをする場合は、宿曜占星術を知っていると大幅に鑑定精度が上がり、完成できる世界も広がります。

文殊菩薩を神とする宿曜

宿曜占星術では、神とする存在があって、そこにさまざまな本質定義の概念があります。 旧暦の月を基準とする鑑定は女性のライフサイクルとマッチするものも多いため、九星気学などと合わせるとより鑑定精度が高まるはずです。

占いスキルをアップできる

太陽暦ではない太陰暦に近い分野をさらに深めて学べるため、教養を深めつつ、占いスキルを向上できます。

20代や若者には広い教養は欠かせないもので、その後の人生を豊かなものにしてくれます。

占いのスキルを高めることで、自分自身の歩むべき道を見つけたり、重要な決断の助けになったりしてくれるので、若いうちに身につけておいて損はありません。

世界観や教養を広げるのに役立つ

宿曜占星術の基本にある考え方や知識は、他の東洋占星術の基盤になっています。

同じ基盤に基づいて少しずつ異なる概念・鑑定結果を導くため、確実に精度の高い鑑定を導けるようになります

占いの正解率や信頼を高めることにもなるので、学べるものは全て学んでおくと良いでしょう。

占いスキルが一気に広がる

数秘術やホロスコープの占いスキルだけでも世界は十分広がりますが、さらに宿曜のような東洋の占星術を取り入れることで陰陽五行、風水、その他四柱推命などの占いにもその知識を生かせるようになります。

一気に世界が広がる知識が宿曜占星術の基本概念にありますので、20代のうちに先行投資として身につけておきましょう。

奥深い古くからの叡智、宿曜占星術を基礎からしっかりと使える技術まで高められます。 ↓

二十七宿の見方や割り出し方、二十七宿の素質や各 宿と他宿の関係など、宿曜占星術の知識を網羅出来ます。 ↓

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です