スキル身につく+輝きプラス!

ヨガインストラクターjp資格

健康や美容のためにも 長く続けられるスキルです

ヨガインストラクターjp資格は、ヨガに関する基礎知識を持ち、ヨガの呼吸法や食事法、様々なポーズなどについて指導できるレベルにあるものと認められた人に認定される資格です。ヨガインストラクターは様々なヨガのポーズを習得しており、一人一人の悩みに合わせたポーズの指導などが可能です。

ヨガインストラクターjp資格は、日本インストラクター技術協会の認定する資格です。

受験資格は特に定められていませんので、通信講座などで専門知識を身に付けた上で受験すると良いでしょう。

ヨガインストラクターjp資格が役立つ分野・将来の仕事

ヨガのレッスンが受けられるスタジオやジムは全国に多数あり、多くのところでは複数のヨガインストラクターがそれぞれにクラスを持っています。

その他、自宅で教室を開いたりする方法もあり、ヨガインストラクターは主婦の副業としても人気の職業です。

ヨガインストラクターjp資格

ヨガインストラクターjp資格を取得すると、ヨガスタジオやスポーツジム、カルチャースクールなどでヨガレッスンを行うインストラクターとして活動できるようになります。

ヨガについての知識の他にも、生徒に指導ができる知識が身に付くので、自宅で教室を開いてレッスンを行うのも可能です。

ヨガインストラクターになるためには、必ずしも資格が必要ではありません。

しかし、実際にスポーツジムなどに就職したり、自宅で教室を開こうと思ったりしたときには、資格の有無は重要です。

ヨガの資格には通信講座で学び、取得できるものもあるので、ハードルが高すぎてあきらめる必要はないでしょう。

ヨガインストラクターjp資格は、以下のような方に向いています。

  • ヨガの魅力を多くの人に伝えたい
  • 自宅で教室を開きたい
  • 人に教えるのが好き
  • 長く続けられるスキルを身に付けたい
  • 健康や美容に関心がある
  • 忙しい毎日の中で資格取得を目指したい

ヨガに興味はあって、それでもなかなか始められなかった方でも、資格取得の目標があれば頑張れるのではないでしょうか?

若いよく動く体の方がポーズを習得しやすい

若いよく動く体の方がポーズを習得しやすい

ヨガは、老若男女誰でも取り組めるエクササイズです。

とは言えそのポーズは普段の動きとは全く異なり、初心者ではポーズを取るのさえ難しい場合もあるでしょう。

ヨガは、身体が硬くてもできます。

しかし、若くてよく動ける状態の身体の方がポーズを習得するのは簡単です。

仕事としてヨガに携わりたいのであれば、なおさら若いうちにポーズを習得してしなやかな身体をキープしていく方が良いでしょう。

ヨガを日常に取り入れていくと、徐々に身体がうまく使えるようになり、上級のポーズもこなせるようになります。

しかしインストラクターになるのであれば、その習得までの道のりは短い方が良いのです。

ヨガインストラクターjp資格を学ぶ意味|若いうちの自己投資が大切

ヨガを趣味で始めたら、すっかりハマってしまった。

できたらこれを仕事にしたい!

ヨガ教室の生徒の中には、そう考える方が少なくありません。

でも実際に自分がインストラクターを目指すとなると、「自分には無理なんじゃないか」と思ってしまう方もいるでしょう。

もちろん、ただ漫然とレッスンを受けているだけでは無理です。

しかし基礎から丁寧に学び、その知識を着実に身に付けることによって、インストラクターは夢ではありません。

ヨガインストラクターjp資格は、在宅受験が可能です。

勉強にバイトに忙しい、そんな方でもコツコツ勉強をすることで取得できるようになっています。

ヨガインストラクターの知識は、自分の身体と心をケアするのに有効です。

もちろんこの先の人生にも役立てられ、仕事としても生かせる内容です。

若いうちに自己投資をするのはとても大切です。

せっかく投資するのであれば、ヨガインストラクターjpのように、使える資格を選ぶのが賢い選択と言えます。

ヨガ指導も一生モノのスキルなので一生使える

筋力や瞬発力は、年齢と共に衰えます。

指導する技術があっても、実際に自分ができなければ、うまく伝えるのは困難です。

ヨガには激しい動きなどはなく、筋力や体力がない人でも行えるのも魅力です。

ヨガのポーズは初心者にとっては難しいものですが、習得することで、たとえ年齢を重ねても可能です。

ヨガインストラクターには様々な年代の方がいますが、これはヨガの指導に年齢は関係ないと証明しているのではないでしょうか。

つまり、ヨガ指導のスキルは一生モノ。

積極的にヨガを広めるのを目標としても良いですし、日々の生活の傍ら、無理のない範囲で教室をしても良いでしょう

自分のライフステージに合わせて、ヨガインストラクターとしての知識と技術を用いたら良いのです。

ヨガインストラクターjp資格は、あなたの人生の可能性を広げてくれるでしょう。

すぐに資格を生かせる機会が持てなかったとしても、自分自身のヨガライフが充実します。

ヨガライフの充実は、結果人生の充実につながります。

必要なときには、ヨガインストラクターとしての活動も可能です。

また、一人一人に合わせてレッスンを組み立てたりする工程は、他の仕事にも大いに生かせるスキルでもあります。

今まで以上に、自分の心と身体に目を向けるようになった時代です。

ケアの重要性も、ようやく認識され始めてきました。

ヨガインストラクターjp資格を取得して、充実した人生を送るのも良いと思いませんか?

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です